KISO-DANI TRAIL

木曽義仲と巴御前を巡る!!

TOUR
INFORMATION

  • テーマ
    ウォーキング, 自転車
  • 旅程
    日帰り
  • エリア
    木曽町, 上松町, 大桑村, 南木曽町

木曽義仲、巴御前がNHK大河ドラマに登場‼

ドラマ紹介

ーNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」2022年1月スタート!ー

【ストーリー】

 平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。
 1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。北条一門はこの無謀な大博打(ばくち)に乗った。
頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、遂には平家一門を打ち破る。
 幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂のとき、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。 “飾り” に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームの中で()げ替えられていく。
 義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府の(かじ)を取る。源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。武家政権の命運を賭け、義時は最後の決戦に挑んだ──。

*  *  *

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。頼朝の天下取りは十三人の家臣団が支えていた。頼朝の死後、彼らは激しい内部抗争を繰り広げるが、その中で最後まで生き残り、(つい)に権力を手中に収めたのが、十三人中もっとも若かった北条義時である。

俳優紹介

―木曽義仲役―
青木崇高

来年度のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(三谷幸喜脚本、小栗旬主演)に青木崇高(41)が出演する。源氏の棟梁(とうりょう)の座を争う頼朝のライバル、木曽義仲(きそ・よしなか)を演じる。

ツイッターでは「頼ってきた者を追い出すような真似は出来ぬ。男には、守らねばならぬ道がある」のせりふとともに紹介された。

木曽は芥川龍之介、松尾芭蕉がほれ込んだ人物だったといい、青木は「『木曽義仲』とはとても魅力的な人物であったようです。牛に松明をつけて平家を襲撃した、という知識しかなかった私は自分がとても恥ずかしくなりました」。

また「三谷幸喜さんが描く木曽義仲を生きること、そしてこの『鎌倉殿の13人』に参加できることは大きな喜びです。どうぞよろしくお願いいたします」と意気込んでいる。

―巴御前役―
 秋元才加 

来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(小栗旬主演、三谷幸喜脚本)に秋元才加(32)が出演すると発表した。秋元は大河初出演で、青木崇高(41)演じる木曽義仲の愛人、巴御前として登場する。

木曽とともに戦場で戦ったとされ、“女武者”の異名を持つ役どころ。巴御前のような強い女性を演じることを夢みており「今回お話をいただき、念願がかないました。巴御前がどのような気持ちで木曽義仲とともに戦に出向き、生涯を過ごしたのか、彼女の一生を精いっぱい生き抜きたいと思います」と意気込む。

鎌倉時代を舞台に、小栗演じる北条義時が幕府の最高権力者に上り詰める姿を描く。脚本は04年「新選組!」、16年「真田丸」に続く3作目の大河となる三谷幸喜氏が手掛ける。

三谷作品は、上演中の舞台「日本の歴史」、映画「ギャラクシー街道」(15年)、ドラマ「黒井戸殺し」(18年)などに出演。同氏の作品について「あれ? 私ってこんな人間だったっけ? と三谷さんの作品や与えられた役柄を通して、私が知らなかった秋元才加を深掘りしている感覚です」。また「いろいろな面で見透かされているような気もして毎回ドキドキしますが、なんとか今回も呼んでいただけました(笑)。さらに成長できるように頑張りたいと思います」とコメントしている。